1. トップページ
  2. このサイトについて

このサイトについて

県の行う防災対策(公助)には限界がある中、整備水準を超える災害に対応し、被害を最小限におさえるためには、県民のみなさん一人ひとりが、日頃から十分に備えをしていただくこと(自助)が重要であり、またその上で、地域でお互いに助け合う仕組み(共助)を作ることが重要です。
この「兵庫県 CGハザードマップ(地域の風水害対策情報)」は、このような考えのもと、日頃から様々な自然災害に対する県民の皆様の防災知識の向上を図るとともに、災害の発生が予想される際のより的確かつ迅速な避難行動が可能となるよう作成したものです。

閲覧にあたっては、各マップの「このマップについて」に示した内容をよくご理解して頂いた上でご利用ください。

なお、使用するブラウザは、Microsoft InternetExplorer6.0以降又はFireFox3.0以降を推奨します。それ以外のブラウザでも表示できることがありますが、一部の機能や情報が制限される場合があります。また、このサイトに対してはポップアップ制御を解除してご利用ください。

背景の地形図画像は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)を使用しています。(承認番号 平22近使、第63号)
平成19年3月時点で刊行されている最新のデータを用いていますが、経年変化などによって現状とは異なる可能性があります。

2. このサイトについて

これらのシミュレーションは、想定を超える災害等は考慮していません。さらに、シミュレーション実施以降の地形状況(宅盤標高等)の変化についても考慮していないため、地図上に着色がされていない地域においても浸水する場合や、地図上に表現された深さが実際と異なる場合等がありますので、十分注意して下さい。

洪水マップの利用条件について

このマップ(浸水想定区域図)は、河川の堤防が大雨により破堤若しくは溢水等した場合に、どの程度浸水するかシミュレーションを行ったものであり、その浸水の範囲や深さについて、色分けして表示したものです。

シミュレーションの前提に用いた降雨等の条件については、河川ごとに異なっていますので、CGハザードマップシステム画面左上の「想定に用いた氾濫条件を表示」ボタンを押してご確認ください。
なお、これらのシミュレーションは、水路などからの氾濫や想定を超える大雨、高潮等による浸水は考慮していません。さらに、シミュレーション実施以降の地形状況(宅盤標高等)の変化についても考慮していないため、地図上に着色がされていない地域においても浸水する場合や、地図上に表現された深さが実際と異なる場合があります。十分注意して下さい。

また、県CGハザードマップでは、浸水想定区域図とは別に、過去の台風等による浸水実績図についても公開しています。
場所によっては、浸水想定区域図よりも浸水実績が上回る場合がありますので、浸水実績図もあわせて確認して下さい。

より詳細な条件や、ご不明な点等につきましては、兵庫県県土整備部土木局河川整備課[電話078-362-3531(直通)]までお問い合わせください。

土砂災害マップの利用条件について

このマップ(土砂災害危険箇所図・土砂災害警戒区域図)は、大雨や地震などによって発生するがけ崩れなど、土砂災害のおそれがある箇所を図上に表示したものです。
なお、土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域の指定が行われた箇所については、順次、土砂災害危険箇所から土砂災害警戒区域への書き換えを行っています。
これらの箇所・区域は、兵庫県の定めた調査基準により調査されたものですが、雨の降り方や地震の程度によっては、表示箇所以外で土砂災害が発生する恐れがあります。また調査実施以降の地形状況等の変化についても考慮されていませんので十分注意してください。

土砂災害警戒区域について
このマップで提供する土砂災害警戒区域に関する情報は同法に関する法定図書ではなく、同法に基づき指定する土砂災害警戒区域の内容を証明するものではありません。
このマップで提供する土砂災害警戒区域の地図は、土砂災害警戒区域の範囲を示すものではなく、土砂災害防止法に関する情報の全てではありません。表示される内容をよくご確認の上、概略位置を示した参考図としてご利用下さい。そのため、不動産取引の資料とするもの、義務の発生するものなど、お知りになりたい内容に応じて正確な情報が必要な場合は、兵庫県の出先機関である県民局土木事務所または兵庫県県土整備部土木局砂防課の窓口で必ず確認して下さい。

崩壊土砂流出危険区域および山腹崩壊危険区域について
この区域は、林野庁の「山地災害危険地区調査要領」に基づき調査した山林エリア(崩壊土砂流出危険地区および山腹崩壊危険地区)に、兵庫県が独自の基準で調査した被害想定区域を付加して表示しています。このため、市町が別途お知らせしているマップ内の表示エリアと異なる場合がありますのでご注意下さい。
なお、表示される区域は概略図であり、境界を明確に定めるものではありません。

雪崩危険箇所について
斜面勾配15度以上で高さ10m以上の斜面において、斜面勾配が15度未満となる地点から下方を見通したときに、水平面から18度以上の角度を有する範囲で人家等に被害を及ぼす恐れのある箇所をさします。なお、雪崩危険箇所は、豪雪地帯対策特別措置法に基づく豪雪地帯指定市町村を対象としています。

より詳細な条件や、ご不明な点等につきましては、兵庫県県土整備部土木局砂防課[電話078-362-3565(直通)]までお問い合わせください。
なお、崩壊土砂流出危険区域および山腹崩壊危険区域については、兵庫県農政環境部治山課[電話078-362-3471(直通)]までお問い合わせください。

津波マップの利用条件について

このマップは、南海トラフ巨大地震によって最大クラスの津波が発生した場合、どの程度の浸水が予測されるかについて、浸水の範囲や深さを色分けして表示したものです。
想定を行う際には、下記の構造物条件で作成しています。
・強震動に伴い防潮堤等の防潮施設は沈下し、さらに、津波が天端を越流した場合には破堤する
・防潮門扉、水門は全開とし、常時閉鎖されている、あるいは、耐震性を有し、自動化され、津波が到達するまでに閉鎖が完了できる施設は「閉」条件とする

表 浸水予測構造物条件

図 用語

 最大クラスの津波は、現在の科学的知見を基に、過去に実際に発生した津波や今後発生が予想される津波から想定したものであり、これよりも大きな津波が発生する可能性がないというものではありません。また、実際の災害では、局所的な地面の凹凸や建築物、地震による地殻変動や構造物の変状等の影響を受けるため、計算条件と異なる状況が発生し、浸水域外での浸水の発生や、浸水深がさらに深くなる場合があります。浸水深が浅くても水に勢いがあると、歩行困難になる場合がありますので、早期の避難が必要です。
 さらに、「津波浸水想定図」では、津波による河川内や湖沼内の水位変化を図示していませんが、津波の遡上等により、実際には水位が変化することがあります。十分注意して下さい。

 より詳細な条件や、ご不明な点等につきましては、兵庫県企画県民部防災企画課[電話078-362-9809(直通)]までお問い合わせください。

高潮マップの利用条件について

このマップは、平成16年の主な台風で、高潮による浸水被害を受けた箇所について、その時の潮位をもとにして、海岸の堤防がなかった場合にどの程度浸水するかシミュレーションを行った浸水想定区域と、県下の主要な港湾、漁港について、想定される最大規模の高潮の潮位をもとにして、海岸の堤防を越流した場合などにどの程度浸水するかシミュレーションを行った浸水予測区域をその浸水の範囲や深さについて、色分けして表示したものです。
なお、これらのシミュレーションは、堤防等の破堤、河川、水路からの氾濫や、雨、波の影響による浸水は考慮されていません。(津居山港については、円山川の洪水による水位上昇の影響が大きいため、洪水時に高潮が発生する場合を想定しています)さらにシミュレーション実施以降の地形状況の変化についても考慮されていないため、地図上に着色されていない地域においても浸水する場合や、地図上に表現された深さが実際と異なる場合があります。十分注意してください。

T.P.とは、東京湾平均海面(Tokyo Peil)のことで、日本陸部の標高と言われるものです。
高潮のページでは、高潮の高さを「T.P.+2.30」と表現をしていますが、これは、台風等による高潮時に潮位が標高2.3mの高さとなったことをしめしています。

より詳細な条件や、ご不明な点につきましては、兵庫県県土整備部土木局港湾課[電話078-362-3540(直通)]、兵庫県農政環境部農林水産局漁港課[電話078-362-3485(直通)]までお問い合わせください。

ため池災害マップの利用条件について

このマップ(浸水想定区域図)は、ため池の堤防が決壊した場合に浸水する区域を図上に表示したもので、兵庫県水防計画に掲載する「警戒ため池」を対象として作成しています。雨の降り方や地震の程度によって、決壊箇所などの条件も異なりますので、浸水想定区域以外でも浸水する場合があります。
また、大雨の時には、ため池以外に河川や水路などによる氾濫が発生することも考えられますので十分注意してください。
より詳細な条件や、ご不明な点等につきましては、兵庫県農政環境部農林水産局農地整備課[電話078-362-3433(直通)]までお問合せください。

代表地点の洪水イメージについて

この画像は、浸水想定区域図をもとに洪水時の状況をイメージして頂くために写真を合成して作成したものです。
なお、画像作成上の誤差等により想定水深と実際の水深が異なる場合がありますので、十分注意してください。
より詳細な条件や、ご不明な点等につきましては、兵庫県県土整備部土木局総合治水課[電話078-362-9261(直通)]までお問い合わせください。

避難場所、避難所の図記号について

このマップに掲載している避難場所、避難所の図記号は下記のとおりです。

避難場所

 災害による危険が迫った際、緊急に避難する場所。洪水、土砂災害、津波、高潮、ため池災害ごとに表記しています。

  • 避難場所アイコン災害対策基本法改正(平成25年)に基づき、市町が指定した「指定緊急避難場所」
  • 津波避難場所アイコン避難場所のうち、津波による浸水想定地域内において、一時もしくは緊急避難・退避する津波避難場所(建物以外)
    市町が独自に指定している場合もある
  • 津波避難ビルアイコン避難場所のうち、津波による浸水想定地域内において、一時もしくは緊急避難・退避する津波避難ビル(建物)
    市町が独自に指定している場合もある

避難所

 災害発生時に一時滞在する施設

  • 避難所アイコン災害対策基本法改正(平成25年)に基づき、市町が指定した「指定避難所」
  • 避難所アイコン災害対策基本法改正(平成25年)以前の避難所

なお、避難場所と避難所を兼ねる場合は、下記のように表記しています。

  • 避難場所アイコン避難所アイコン 津波避難ビルアイコン避難所アイコン

3. ハザードマップの効果的な利用に向けて

ハザードマップを活用し、自分の住む地域の危険性や避難行動を学習することができます。ハザードマップは、工夫しだいでいろいろな使い方ができますが、特に重要な事項は次の3項目です。
  ①自分の住む家の浸水深
  ②避難場所
  ③安全な避難経路
これらの項目を学習するためのモデルケースを以下に整理します。
  <ステップ1>
   ハザードマップを見て、自宅や学校・仕事場の位置を確認しましょう。どのくらいの浸水の深さになるのか、土砂災害の危険があるかを知っておきましょう。
  <ステップ2>
   近くの避難場所を確認しましょう。避難所も災害の影響を受ける可能性があります。どこに避難所があり、そこはどんなところか知っておきましょう。
  <ステップ3>
   避難経路と自分たちの避難所を設定しましょう。避難所へいくのに、どのような経路があるかを調べ、安全に避難できる経路と自分たちの避難所を決めましょう。
  <ステップ4>
   わが家の防災マップを作成しましょう。わが家の避難所、避難経路、家族の集合場所、緊急連絡先などを記入して、わが家の防災マップを完成させましょう。完成したら、家族やクラス全員で避難所まで歩いてみましょう。

用語説明

洪水

浸水想定区域の対象河川
洪水時の氾濫計算を行った河川を示しています。
地図の見方と浸水の深さの目安

高潮

浸水予測区域図
想定される最大規模の高潮による浸水区域図
浸水想定区域図
平成16年の台風で海岸の堤防がなかった場合を想定した浸水区域図

ため池災害

警戒ため池
老朽化などにより防災上警戒が必要なため池をさします。

土砂災害

土石流危険渓流・崩壊土砂流出危険区域
土石流の発生する危険性があり、人家等に被害を及ぼす恐れのある渓流をさします。
地すべり危険箇所
地形・地質・過去における発生の事実等から地すべりのおそれがあると考えられる箇所をさします。
急傾斜地崩壊危険箇所
急傾斜地の高さが5m以上かつ、地表面が水平面に対して30度以上であり、人家等に被害を及ぼす恐れのある箇所をさします。
急傾斜地崩壊危険箇所の被害想定区域
斜面の下端から斜面の高さの2倍の長さの範囲(最大50mまで)をさしています。
山腹崩壊危険区域
山腹崩壊により人家等に被害を及ぼす恐れのある区域をさします。
雪崩危険箇所
斜面勾配15度以上で高さ10m以上の斜面において、斜面勾配が15度未満となる地点から下方を見通したときに、水平面から18度以上の角度を有する範囲で人家等に被害を及ぼす恐れのある箇所をさします。
土砂災害警戒区域
土砂災害防止法に基づき指定する、土砂災害のおそれのある区域をさします。