1. トップページ
  2. このサイトについて
  3. ため池ハザードマップの解説

ため池ハザードマップの解説

  • この「ため池災害ハザードマップ」は、ため池の堤防が決壊した場合のため池浸水想定区域図に、避難場所等やリアルタイム情報等のアイコンを掲載したものです。
  • ため池浸水想定区域図は、ため池の堤防が決壊した場合に浸水する区域を図上に表示したもので、兵庫県水防計画に掲載する「重点整備ため池」を対象として作成しています。
  • 「重点整備ため池」とは農業用ため池であって、水害対策および地震対策としてハード対策やソフト施策を組み合わせて一体的な災害対策が必要なため池のうち、老朽度、耐震性および下流への影響度等を勘案し、優先的に整備するため池です。
  • なお、これらのシミュレーションは、1/2,500地形図の標高と現地踏査等により地盤高を設定しています。また、雨の降り方や地震の程度によって、決壊箇所などの条件も異なりますので、浸水想定区域以外でも浸水する場合があります。また、大雨の時には、ため池以外に河川や水路などによる氾濫が発生することも考えられますので十分注意してください。
  • シミュレーションの前提に用いた降雨等の条件については、ため池ごとに異なっていますので、CGハザードマップシステム画面左上の「想定に用いた氾濫条件を表示」ボタンを押してご確認ください。
  • より詳細な条件や、ご不明な点等につきましては、農政環境部 農林水産局 農村環境室[電話078-362-3433(直通)]までお問合せください。

ハザードマップの解説

洪水 土砂災害 津波 高潮 ため池

避難場所、避難所の図記号について

このハザードマップに掲載している避難場所、避難所の図記号は下記のとおりです。

避難場所

 災害による危険が迫った際、緊急に避難する場所。洪水、土砂災害、津波、高潮、ため池災害ごとに表記しています。

  • 避難場所アイコン災害対策基本法改正(平成25年)に基づき、市町が指定した「指定緊急避難場所」等
  • 津波避難場所アイコン避難場所のうち、津波による浸水想定区域内において、一時もしくは緊急避難・退避する津波避難場所(建物以外)
    市町が独自に指定している場合もある
  • 津波避難ビルアイコン避難場所のうち、津波による浸水想定区域内において、一時もしくは緊急避難・退避する津波避難ビル(建物)
    市町が独自に指定している場合もある

避難所

 災害発生時に一時滞在する施設

  • 避難所アイコン災害対策基本法改正(平成25年)に基づき、市町が指定した「指定避難所」等
  • 避難所アイコン災害対策基本法改正(平成25年)以前の避難所

なお、避難場所と避難所を兼ねる場合は、下記のように表記しています。

  • 避難場所アイコン避難所アイコン 津波避難ビルアイコン避難所アイコン